木村正辞 きむら まさこと(1827〜1913)

現在のカテゴリー:生年月日順:1820年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:き[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(人文科学)[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:千葉県[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(人文科学)
出身地(現在) 千葉県
生没年月日 文政10年4月6日〜大正2年4月11日
1827年5月1日〜1913年4月11日)

解説

国学者、国文学者。江戸に出て伊能頴則に国学、寺門静軒等に漢学を学ぶ。文久3年(1863)に和学講談所会頭助役になる。維新後、神祇官、文部省、宮内省の諸官となり、帝国大学文科大学、高等師範学校の教授にも就任した。明治23年(1890)学士院会員。26年に公職を辞す。以後、万葉集の研究につとめ、34年文学博士。蔵書家で中国で散逸した書籍を収集し、現在その一部は東洋文庫に架蔵されている。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm