菊池大麓 きくち だいろく(1855〜1917)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:き[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(自然科学)[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(自然科学)官僚
出身地(現在) 東京都
生没年月日 安政2年1月29日〜大正6年8月19日
1855年3月17日〜1917年8月19日)

解説

数学者・教育行政官。洋学者箕作秋坪(旧姓菊池)の二男。幕末・明治初期に、2度イギリスに留学し、ケンブリッジ大学で数学・物理学を学ぶ。明治10年(1877)帰朝後、東京大学教授となる。21年理学博士。23年貴族院議員に勅選。文部省専門学務局長、文部次官を経て、31年東京帝国大学総長。34年第1次内閣の文相となる。35年男爵。41年京都帝国大学総長。その後帝国学士院長、枢密顧問官。大正6年(1917)初代理化学研究所長。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其2
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm