川村純義 かわむら すみよし(1836〜1904)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:か[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:海軍軍人[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 海軍軍人
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 天保7年11月11日〜明治37年8月12日
1836年12月18日〜1904年8月12日)

解説

鹿児島藩士として戊辰戦争時は陸戦で功を立てる。明治5年(1872)海軍省設立にあたり海軍大輔となる。11年参議・第2代海軍卿に就任。一時榎本武揚に交替したときを除き18年まで職にとどまり、その間に薩摩勢力を海軍内に伸ばした。17年伯爵。のち宮中顧問官、枢密顧問官を歴任し、34年に昭和天皇の養育主任となる。37年死去にあたり大将に任じられているが、これは他に類例がない。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其2
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm