川上操六 かわかみ そうろく(1848〜1899)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:か[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:陸軍軍人[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 陸軍軍人
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 嘉永元年11月11日〜明治32年5月11日
1848年12月6日〜1899年5月11日)

解説

父は鹿児島藩士。戊辰戦争に従軍。明治4年(1871)陸軍に出仕。西南戦争では、熊本城籠城で功を立てる。17年大山巌に随行し欧州各国の兵制を視察。帰国後の18年参謀本部次長。20年再び欧州に留学し、ドイツで兵学を学ぶ。帰国後参謀次長。日清戦争では大本営陸軍上席参謀として作戦を指導した。31年参謀総長に就任。同年陸軍大将。陸軍の兵制改革を行い、近代的な戦略の導入に貢献した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其1
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm