貞奴 さだやっこ(1871〜1946)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:さ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:芸術家[前の人物次の人物]

職業・身分 芸術家
出身地(現在) 東京都
生没年月日 明治4年7月18日〜昭和21年12月7日
1871年9月2日〜1946年12月7日)
号・別称等 川上貞奴(かわかみ さだやっこ)
貞(さだ)

解説

東京葭町の芸者となり、明治24年(1891)に俳優の川上音二郎と結婚。音二郎とともに欧米に巡業、「マダム貞奴」として人気を博し、帰国後は音二郎の正劇(せいげき)運動の看板女優として活躍した。また、41年帝国女優養成所を設立。音二郎の没後大正6年(1917)に引退するが、13年には川上児童楽劇団を発足させ、児童劇の普及にも努めた。昭和8年(1933)岐阜県鵜沼に貞照寺を建立入山。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:幕末・明治・大正回顧八十年史 第8輯
請求記号:210.6-To591b
白黒、4.8×6.9 cm