望月小太郎 もちづき こたろう(1866〜1927)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:も[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山梨県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家実業家
出身地(現在) 山梨県
生没年月日 慶応元年11月15日〜昭和2年5月19日
1866年1月1日〜1927年5月19日)
号・別称等 望月鶯渓(もちづき おうけい)

解説

慶応義塾卒業後英国に留学し、ミッドル・テンプル大学法科を卒業。ロンドンで『日英実業雑誌』を発行した。明治28年(1895)に帰朝後、ロシア皇帝の戴冠式、英国ヴィクトリア女王即位60周年記念式典に参列した。また、大蔵省・農商務省嘱託として、欧米各国の財政経済事情の調査も行う。35年衆議院議員に当選(以後7回当選)。39年には英文通信社を創立、社長となり、欧米各国への日本事情の紹介に努めた。大正3年(1914)第1次大隈内閣の成立に尽力。12年憲政会総務。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:現代代表的人物写真名鑑 政治家篇 第2編
請求記号:YKA11-20
白黒、9.6×12.3 cm