安達謙蔵 あだち けんぞう(1864〜1948)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:あ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:熊本県[次の人物]

職業・身分 政治家
出身地(現在) 熊本県
生没年月日 元治元年10月23日〜昭和23年8月2日
1864年11月22日〜1948年8月2日)
号・別称等 漢城

解説

父は熊本藩士。立憲同志会、憲政会、民政党の幹部。済々黌卒。佐々友房の命で渡韓し、明治27年(1894)『朝鮮時報』発刊。28年漢城新報社長、同年閔妃殺害事件に関係して拘引される。29年熊本国権党常務委員。35年から衆議院議員に14回連続当選。大正3年(1914)大隈内閣の外務参政官に就任、4年総選挙で立憲同志会を大勝させて「選挙の神様」と呼ばれる。14年加藤高明内閣の逓相。昭和4年(1929)浜口内閣の内相に就任。6年第2次若槻内閣で留任したが、挙国一致内閣を提唱、閣内の反対論がきっかけとなり若槻内閣は総辞職した。7年国民同盟結成、総裁に就任。15年解党後は内閣参議を務める。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:現代代表的人物写真名鑑 政治家篇 第1編
請求記号:YKA11-20
白黒、9.6×12.3 cm