小橋一太 こばし いちた(1870〜1939)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:こ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:熊本県[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家官僚
出身地(現在) 熊本県
生没年月日 明治3年10月1日〜昭和14年10月2日
1870年10月25日〜1939年10月2日)
号・別称等 小橋杏城(あんじょう)

解説

明治31年(1898)東京帝大法科大学卒業後、内務省に入る。衛生局長、地方局長、土木局長等を経て、大正7年(1918)内務次官となり、寺内高橋の3内閣にわたった。9年立憲政友会に入党し、衆議院議員となる。13年清浦内閣書記官長就任、政友本党総務を経て、15年幹事長、昭和2年(1927)立憲民政党総務を務める。4年浜口内閣文相となり、教化総動員運動を開始するが、同年、越後鉄道疑獄事件で辞職(のち無罪)。12年東京市長、14年辞職。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:現代代表的人物写真名鑑 政治家篇 第1編
請求記号:YKA11-20
白黒、9.6×12.3 cm