財部彪 たからべ たけし(1867〜1949)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:た[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:宮崎県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:海軍軍人[前の人物次の人物]

職業・身分 海軍軍人
出身地(現在) 宮崎県
生没年月日 慶応3年4月7日〜昭和24年1月13日
1867年5月10日〜1949年1月13日)

解説

父は都城藩士。妻は海軍大将山本権兵衛の娘。明治26年(1893)海軍大学校卒。日清戦争で高尾分隊長、日露戦争では大本営参謀、42年海軍次官。大正8年(1919)大将。11年横須賀鎮守府長官を経て、12年加藤友三郎内閣の海相となり、以後、第2次山本加藤高明、第1次若槻浜口雄幸内閣の海相を歴任した。昭和5年(1930)のロンドン海軍軍縮会議全権として条約に調印したが、統帥権干犯問題が起こり、6年軍事参議官、7年に予備役編入されることとなった。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:現代代表的人物写真名鑑 政治家篇 第1編
請求記号:YKA11-20
白黒、9.6×12.3 cm