頼母木桂吉 たのもぎ けいきち(1867〜1940)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:た[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:広島県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家実業家
出身地(現在) 広島県
生没年月日 慶応3年10月10日〜昭和15年2月19日
1867年11月5日〜1940年2月19日)
号・別称等 喜陽

解説

旧姓井上。後に頼母木源吉の養子となる。第一高等中学校卒業後、アメリカに留学。帰国後、報知新聞社に入社。明治39(1906)年に欧米を視察し、新聞事業を研究。帰国後、41年日本初の新聞代理業「ジャパンプレスエイジェンシ―」を創立し、以後東京毎日新聞社、帝国通信社などの社長を歴任。一方、東京市議を経て、大正4(1915)年衆議院議員に当選。憲政会政務調査会長・幹事長、立憲民政党筆頭総務を経て、加藤高明及び第1次若槻内閣で逓信政務次官に就任。昭和11年(1936)広田内閣では逓相を務めた。13年報知新聞社社長、14年に東京市長となるが在任中に病死。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:我等と共に闘へ
請求記号:Y181-G28
白黒、6.7×10.3 cm