磯村豊太郎 いそむら とよたろう(1868〜1939)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:大分県[次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 大分県
生没年月日 明治元年11月7日〜昭和14年10月26日
1868年12月20日〜1939年10月26日)

解説

父は、中津藩下士。明治22年(1889)慶応義塾正科卒。23年逓信省入省、24年慶応義塾普通部教員を経て、27年日本銀行に勤務。29年三井物産に入社し、営業部長、ロンドン支店長を務める。大正2年(1913)北海道炭礦汽船専務取締役、昭和3年(1928)社長に就任した。この他、日本製鋼所、夕張鉄道、東京瓦斯などの役員を兼任。4年貴族院議員。14年日本工業倶楽部理事長。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:磯村豊太郎伝
請求記号:GK63-G13
白黒、9.7×13.9 cm