佐々木惣一 ささき そういち(1878〜1965)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:さ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:法律家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(社会科学)[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鳥取県[前の人物]

職業・身分 学者(社会科学)法律家
出身地(現在) 鳥取県
生没年月日 明治11年3月28日〜昭和40年8月4日
1878年3月28日〜1965年8月4日)

解説

憲法・行政法学者。京都帝大卒。講師、助教授を経て、大正2年(1913)京都帝大教授。憲法および行政法の権威で、美濃部達吉とともに公法学界の中心的存在となり、大正デモクラシー期の論客として自由主義的立憲主義を主張。大学自治確立にも尽力し、昭和8年(1933)滝川事件で政府に抗議して退官。その後立命館大学学長を務める。戦後、内大臣府御用掛として、憲法改正草案(いわゆる「佐々木私案」)を作成。21年貴族院議員に勅選され、憲法改正審議に関わった。27年文化勲章受章。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:立憲非立憲
請求記号:A51-Z-G21
白黒、8.3×11.7 cm