小泉策太郎 こいずみ さくたろう(1872〜1937)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:こ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:静岡県[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家ジャーナリスト
出身地(現在) 静岡県
生没年月日 明治5年11月3日〜昭和12年7月28日
1872年12月3日〜1937年7月28日)
号・別称等 小泉三申(こいずみ さんしん)

解説

小学校卒業後、代用教員、株屋の店員などを経て、明治25年(1892)自由党系の『静岡日報』の記者(文士)となり、その後も自由党系の『自由新聞』、『めさまし新聞』、『九州新聞』(主筆)で書き続ける。自由新聞社では幸徳秋水と同僚となり、以後終生の交わりを結ぶ。35年実業界に進出し、三協舎印刷所を買収、次いで『経済新聞』を創設して経営にあたり、相場師としても活躍する。45年衆議院議員となり(当選7回)、立憲政友会に所属したが、昭和3年(1928)田中義一総裁と意見を異にし、同党を脱党、無所属となり、7年まで議員を務めた。以後、西園寺公望の伝記執筆等に傾注した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:三申先生饒舌贅文集
請求記号:A11-Z-G394
白黒、6.7×9.8 cm