永井柳太郎 ながい りゅうたろう(1881〜1944)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:な[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:石川県[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家
出身地(現在) 石川県
生没年月日 明治14年4月16日〜昭和19年12月4日
1881年4月16日〜1944年12月4日)

解説

明治38(1905)年早稲田大学政経学部卒。39~42年英国留学。帰朝後、早稲田大学教授として植民政策及び社会政策を教え、また、大隈重信主宰の雑誌『新日本』の主筆を兼ねる。大正9(1920)年衆議院議員となり、憲政会へ入党し、普通選挙法成立に尽力。以後連続当選8回。この間、民政党の政務調査会長、幹事長、齋藤内閣の拓相、第1次近衛内閣及び阿部内閣の逓相などに就任。昭和15年(1940)民政党即時解散を主張して脱党、大政翼賛会常任総務に就任。以降、大政翼賛会、翼賛政治会常任総務等を務めた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:永井柳太郎氏大演説集
請求記号:A11-Z-G384
白黒、13.0×9.1 cm