津田真道 つだ まみち(1829〜1903)

現在のカテゴリー:生年月日順:1820年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:つ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:岡山県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(社会科学)[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家学者(社会科学)
出身地(現在) 岡山県
生没年月日 文政12年6月25日〜明治36年9月3日
1829年7月25日〜1903年9月3日)
号・別称等 津田真道(つだ まさみち)
津田真道(つだ しんどう)

解説

洋学者。父は津山藩士。箕作阮甫より洋学を学び、安政4年(1857)蕃書調所教授手伝並となる。文久2年(1862)西周らとともにオランダに留学し、ライデン大学教授フィッセリングに法学、経済学、統計学を学ぶ。慶応元年(1865)に帰国後、開成所教授。明治元年(1868)フィッセリングの講義訳を『泰西国法論』として出版する。外務権大丞、大法官、元老院議官、高等法院陪席裁判官などを歴任。23年第1回総選挙で衆議院議員に当選、初代衆議院副議長をつとめる。29年貴族院議員に勅撰される。一方、6年の明六社の結成に参加し、啓蒙思想家としても活躍した。法学博士。男爵。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:津田真道
請求記号:GK141-H41
白黒、8.5×13.3 cm