南原繁 なんばら しげる(1889〜1974)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:な[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(社会科学)[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:香川県[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(社会科学)
出身地(現在) 香川県
生没年月日 明治22年9月5日〜昭和49年5月19日
1889年9月5日〜1974年5月19日)
号・別称等 南原白童

解説

政治学者。大正3年(1914)東京帝大法科大学卒業後、内務省に入省したが、10年退職し、同年東京帝大助教授、欧米留学後の14年教授となり、政治学史を担当。無教会主義キリスト教の信仰をもち、ドイツ観念論の研究を通して政治哲学の研究を進め、国体という擬似宗教を批判した。昭和20年(1945)法学部長、同年12月総長に就任。21年貴族院議員として憲法審議に加わり、22年教育刷新委員会委員長となる。講和問題に際して全面講和を主張し、「曲学阿世の徒」と非難する吉田茂首相と論争。23年日本政治学会初代理事長。45年日本学士院長。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:現代随想全集 第8
請求記号:914.6-G295
白黒、8.5×11.7 cm