田中耕太郎 たなか こうたろう(1890〜1974)

現在のカテゴリー:生年月日順:1890年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:た[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:法律家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(社会科学)[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(社会科学)政治家法律家
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 明治23年10月25日〜昭和49年3月1日
1890年10月25日〜1974年3月1日)

解説

法学者。大正4年(1915)東京帝大法科大学卒業後、内務省に入るが、翌年辞職。8年欧米に留学し、帰国して12年東京帝大教授となる。商法を担当し、カトリックの自然法論の立場から世界法を論じた論文「世界法の理論」で、法学博士の学位を取得。昭和12年(1937)東京帝大法学部長、20年文部省学校教育局長、21年第1次吉田内閣の文相を歴任する。22年参議院議員に当選、25年第2代最高裁判所長官に就任し、10年間在任。35年文化勲章受章、同年国際司法裁判所判事に就任。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:現代随想全集 第27巻
請求記号:914.6-G295
白黒、9.1×12.1 cm