大山郁夫 おおやま いくお(1880〜1955)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:お[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:兵庫県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(社会科学)[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:社会運動家[前の人物次の人物]

職業・身分 社会運動家学者(社会科学)政治家
出身地(現在) 兵庫県
生没年月日 明治13年9月20日〜昭和30年11月30日
1880年9月20日〜1955年11月30日)

解説

明治38年(1905)早稲田大学政治経済科卒。シカゴ大学、ミュンヘン大学留学ののち、大正4年(1915)早稲田大学教授に就任。6年早稲田大学改革運動で辞任し、大阪朝日新聞社に入社。7年シベリア出兵反対の筆禍事件(白虹事件)を機に退社。8年長谷川如是閑・河上肇と『我等』創刊。9年早稲田大学に復帰するが、無産政党の組織化に努め、15年労働農民党委員長となり、昭和2年(1927)早稲田大学辞職。5年衆議院議員。7年アメリカ移住、8年ノースウェスタン大学嘱託。22年に帰国後、早稲田大学教授に復帰し、平和運動に尽力。25年参議院議員。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:現代随想全集 第15巻
請求記号:914.6-G295
白黒、10.0×14.0 cm