森矗昶 もり のぶてる(1884〜1941)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:も[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:千葉県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家政治家
出身地(現在) 千葉県
生没年月日 明治17年10月21日〜昭和16年3月1日
1884年10月21日〜1941年3月1日)

解説

高等小学校を卒業後、家業のかじめ焼き(粗製ヨード製造)に従事。事業を拡大し、総房水産を設立したが、第一次大戦後の不況で破綻。東信電気に吸収合併され、同社の取締役に就任。日本沃度(後の日本電気工業)、昭和肥料を設立し、国産技術による硫安、アルミニウムの生産に成功。電気化学工業を中心に事業を拡大するとともに、電力業、鉱業など関連業種への多角化を行い、森コンツェルンを築いた。昭和14年(1939)日本電気工業と昭和肥料を合併し、昭和電工を設立、初代社長に就任。大正13年(1924)から衆議院議員に連続4期当選。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:白い石炭 森矗昶の人とその事業
請求記号:913.6-Ki188s
白黒、8.3×14.8 cm