樺山資紀 かばやま すけのり(1837〜1922)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:か[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:海軍軍人[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:陸軍軍人[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 陸軍軍人海軍軍人政治家
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 天保8年11月12日〜大正11年2月8日
1837年12月9日〜1922年2月8日)

解説

父は鹿児島藩士。薩英戦争、戊辰戦争に従軍。明治4年(1871)陸軍少佐に任官。征台の役に従軍。西南戦争では熊本鎮台参謀長として活躍。近衛参謀長、警視総監兼陸軍少将。7年海軍に転じ、16年海軍大輔、19年海軍次官となる。第1次山県、第1次松方各内閣の海相に就任。24年の第2議会で行った「蛮勇演説」が物議を醸す。日清戦争時は海軍軍令部長。28年海軍大将、初代台湾総督となる。以後枢密顧問官、第2次松方内閣内相、第2次山県内閣文相等を歴任した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其2
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm