石黒忠篤 いしぐろ ただあつ(1884〜1960)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家官僚
出身地(現在) 東京都
生没年月日 明治17年1月9日〜昭和35年3月10日
1884年1月9日〜1960年3月10日)

解説

石黒忠悳の長男。明治41年(1908)東京帝大法科大学卒業、農商務省に入る。農林省農務局長、蚕糸局長等を歴任後、昭和6(1931)農林次官。9年退任後、農村更生協会会長、産業組合中央金庫理事長など、農業団体の要職を歴任。15年第2次近衛内閣農林相に就任。18年貴族院議員。20年鈴木貫太郎内閣農商相。21年公職追放。27年追放解除後、参議院議員に当選し緑風会に所属。「農政の神様」ともいわれた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:農政落葉篭
請求記号:610.4-I567n
白黒、8.7×17.6 cm