岸清一 きし せいいち(1867〜1933)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:き[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:その他[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:島根県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:法律家[前の人物次の人物]

職業・身分 法律家その他
出身地(現在) 島根県
生没年月日 慶応3年7月4日〜昭和8年10月29日
1867年8月3日〜1933年10月29日)

解説

父は松江藩士。帝国大学在学中、ボート選手として活躍。明治22年(1889)に卒業後、26年弁護士、43年法学博士となり、大正4年(1915)東京弁護士会会長。10年大日本体育協会会長、13年国際オリンピック委員、昭和7年貴族院勅選議員。スポーツの先駆者として、日本スポーツ界の興隆に努めた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:岸清一訴訟記録集 民事篇 第1輯
請求記号:327.8-Ki261k-K
白黒、9.5×14.6 cm