矢野竜渓 やの りゅうけい(1851〜1931)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:や[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:大分県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 ジャーナリスト政治家官僚
出身地(現在) 大分県
生没年月日 嘉永3年12月1日〜昭和6年6月18日
1851年1月2日〜1931年6月18日)
号・別称等 矢野文雄(やの ふみお)

解説

父は、佐伯藩士。明治6年(1873)慶応義塾卒。『郵便報知新聞』副主筆、大蔵省入省を経て、太政官大書記官兼統計院幹事に就任するが、「明治十四年の政変」で大隈重信に従い退官。15年「東洋議政会」を主宰し、立憲改進党結成に参加。同年1月に社長に就任した『郵便報知新聞』を党の機関紙として党の発展に尽力。23年宮内省式部官、30年清国駐箚特命全権公使を務めた後、大正13年(1924)大阪毎日新聞社副社長に就任。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:竜渓矢野文雄君伝
請求記号:289.1-Y555Or
白黒、10.1×15.0 cm