手島精一 てじま せいいち(1850〜1918)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:て[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 教育家
出身地(現在) 東京都
生没年月日 嘉永2年11月28日〜大正7年1月23日
1850年1月11日〜1918年1月23日)

解説

父は沼津藩士。旧姓田辺。明治3年(1870)米国に留学。8年東京開成学校(後の東京大学)監事。9年のフィラデルフィア万国博覧会、11年パリ万国博覧会に随行。14年東京教育博物館(後の科学博物館)長、17年のロンドン衛生博覧会にも従事。19年東京図書館(後の帝国図書館)の主幹も兼務した。23年東京工業学校(後の東京工業大学)校長に就任。以後、31年文部省実業教育局長の時期を除く晩年まで同職にあって工業教育に尽力した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:手島精一先生伝
請求記号:289.1-Te215Tt
白黒、9.0×12.9 cm