岡野敬次郎 おかの けいじろう(1865〜1925)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:お[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:法律家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(社会科学)[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:群馬県[次の人物]

職業・身分 学者(社会科学)政治家法律家
出身地(現在) 群馬県
生没年月日 慶応元年9月21日〜大正14年12月22日
1865年11月9日〜1925年12月22日)
号・別称等 岡野六樹

解説

法学者。父は幕臣。明治19年(1886)帝国大学卒業後、24年ドイツに留学。28年帝国大学教授、法典調査会委員となり、商法関係法案の起草にあたる。39年法制局長官、41年貴族院議員。44年第2次西園寺内閣、大正2年(1913)第1次山本内閣の各法制局長官、同年行政裁判所長官。6年中央大学学長、11年加藤友三郎内閣の法相、12年第2次山本内閣の文相兼農商相等を経て、14年枢密院副議長、帝国学士院長となる。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:岡野敬次郎伝
請求記号:289.1-O522Ro
白黒、9.3×14.0 cm