岡田良平 おかだ りょうへい(1864〜1934)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:お[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:静岡県[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家官僚教育家
出身地(現在) 静岡県
生没年月日 元治元年5月4日〜昭和9年
1864年6月7日〜1934年)
号・別称等 恭堂
篤夫

解説

庄屋の家系に生まれ、父は衆議院議員の岡田良一郎。明治20年(1887)帝国大学文科大学卒。26年文部省に入省。34年菊池大麓文相のもとで総務長官となり、専門学校令制定、教科書国定化などに関与した。37年貴族院議員に勅選される。40年京都帝大総長。大正5年(1916)寺内内閣の文相となり、内閣直属の臨時教育会議を設置し、高等教育制度の改革を行う。また、加藤高明内閣、第1次若槻内閣においても文相を務めた。昭和4年(1929)枢密顧問官。この他、大日本報徳社社長、産業組合中央会会頭、東洋大学学長も務めた。法学者一木喜徳郎は実弟。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:岡田良平先生小伝
請求記号:289.1-O449Mo
白黒、9.1×13.6 cm