金子堅太郎 かねこ けんたろう(1853〜1942)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:か[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福岡県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚政治家
出身地(現在) 福岡県
生没年月日 嘉永6年2月4日〜昭和17年5月16日
1853年3月13日〜1942年5月16日)

解説

父は福岡藩士。藩校修猷館で学ぶ。明治4年(1871)藩主黒田長知に随行し渡米。ハーバード大学で法律学を修める。13年元老院に出仕。権大書記官、首相秘書官等をつとめる。明治憲法の草案起草に参画し、諸法典の整備にも尽力。23年貴族院書記官長、貴族院勅選議員。第3次伊藤内閣農商務相、第4次伊藤内閣司法相を歴任。日露開戦時米国に派遣され外交工作にあたる。39年枢密顧問官。晩年は臨時帝室編修局総裁、維新史料編纂会総裁として史料編纂にあたった。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其1
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm