本山彦一 もとやま ひこいち(1853〜1932)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:も[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:熊本県[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 熊本県
生没年月日 嘉永6年8月10日〜昭和7年12月30日
1853年9月12日〜1932年12月30日)
号・別称等 本山松陰(もとやま しょういん)

解説

父は熊本藩士。藩校時習館で学んだ後上京、福沢諭吉に師事。租税寮、兵庫県勤務を経て、明治16年(1883)時事新報社入社、翌年会計局長、19年藤田組支配人に就任。22年『大阪毎日新聞』相談役、36年社長に就任。経営の拡大に尽力し、関西新聞界、続いて関東においても朝日・毎日独占体制を築き、全国紙にそだてた。新聞を「社会の木鐸」と見る風潮に対し、「新聞は商品である」と公言。昭和5年(1930)貴族院議員。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:稿本本山彦一翁伝
請求記号:289.1-M894Om
白黒、9.9×15.0 cm