森恪 もり つとむ(1882〜1932)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:も[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:大阪府[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家政治家
出身地(現在) 大阪府
生没年月日 明治15年12月28日〜昭和7年12月11日
1882年12月28日〜1932年12月11日)
号・別称等 森恪(もり かく)

解説

明治34年(1901)商工中学校卒。35年三井物産入社。大正2(1913)年中国興業株式会社(翌年「中日実業」と改称)を創立。三井物産天津支店長などを務めた後、9年同社を退社。政友会より衆議院議員に当選。昭和2(1927)年田中義一内閣の外務政務次官となり、山東出兵を推進するとともに、大陸政策を積極的に推進することを討議、決定した「東方会議」を主宰。4年政友会幹事長、6年犬養内閣では内閣書記官長を務めた。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:森恪
請求記号:289.1-M766Ym
白黒、9.6×12.5 cm