宮尾舜治 みやお しゅんじ(1868〜1937)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:み[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:新潟県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚
出身地(現在) 新潟県
生没年月日 慶応4年1月8日〜昭和12年4月3日
1868年2月1日〜1937年4月3日)

解説

父は村助役。明治29年(1896)帝国大学法科大学卒。大蔵省、台湾総督府、内閣拓殖局を経て、大正6年関東都督府民政長官、8年愛知県知事、10年北海道庁長官に就任。12年に帝都復興院副総裁となり、総裁の後藤新平を助けて震災後の復興に尽力した。昭和3年(1928)東洋拓殖総裁、9年貴族院議員、12年東京市会議員。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:宮尾舜治伝
請求記号:289.1-M643Km
白黒、10.2×14.5 cm