伊集院彦吉 いじゅういん ひこきち(1864〜1924)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:外交官[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 外交官
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 元治元年6月19日〜大正13年4月26日
1864年7月22日〜1924年4月26日)

解説

父は鹿児島藩士。明治23年(1890)帝国大学法科大学卒。同年外務省入省。35年天津総領事、40年大使館参事官(英国在勤)を経て、41年清国駐箚特命全権公使として5年間、日露戦争後の日清交渉、辛亥革命及びその後の日中間外交の衝にあたる。大正5年(1916)イタリア駐箚特命全権大使就任。8年パリ講和会議の全権委員、9年男爵、10年初代情報部長、11年関東長官を経て、12年第2次山本内閣の外相。義父は大久保利通

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:伊集院彦吉男青木宣純将軍追悼録
請求記号:289.1-I999
白黒、10.0×14.8 cm