土方久元 ひじかた ひさもと(1833〜1918)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ひ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:高知県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚教育家
出身地(現在) 高知県
生没年月日 天保4年10月6日〜大正7年11月4日
1833年11月17日〜1918年11月4日)
号・別称等 土方秦山(ひじかた しんざん)

解説

父は高知藩郷士。文久元年(1861)土佐勤王党に加わり、3年藩命により上京、三条実美の信頼を得る。同年8月18日の政変により、急進派公卿が追放(七卿落ち)されると、三条に従い長州、ついで大宰府に行く。この間、中岡慎太郎とともに、薩長同盟の実現にも尽力。維新後は東京府判事等を経て太政官に出仕、以後宮内少輔、内務大輔、内閣書記官長、元老院議官、宮中顧問官等を歴任。明治20年(1887)第1次伊藤内閣で農商務相、次いで宮相に転じ、翌年枢密顧問官を兼ねた。大正3年(1914)宮内省臨時帝室編修局総裁。国学院大学長、東京女学館館長等も務めた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:土方伯
請求記号:289.1-H592Kh
白黒、11.2×17.3 cm