田健治郎 でん けんじろう(1855〜1930)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:て[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:兵庫県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家官僚
出身地(現在) 兵庫県
生没年月日 安政2年2月8日〜昭和5年11月16日
1855年3月25日〜1930年11月16日)

解説

父は大庄屋田文平。明治7年(1874)に上京し、司法・警察畑を歩む。高知、愛知、神奈川、埼玉の県警部長を経て、23年逓信省に入省。31年逓信次官兼鉄道局長就任後まもなく辞任して実業界に入り、関西鉄道社長となった。33年復帰して逓信総務長官となるが、翌年辞任。34年衆議院議員に当選、39年貴族院議員に勅選。大正3年(1914)シーメンス事件では貴族院「茶話会」の中心として、第1次山本内閣を退陣に追い込んだ。5年寺内内閣に逓相として入閣。8年文官として初の台湾総督を務める。12年第2次山本内閣にて農商相。15年枢密顧問官。和風漢文調の日記は明治39年(1906)1月から死去1ヶ月前まで、ほぼそろっており、極めて記述が詳細。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:田健治郎伝
請求記号:289.1-D46Dd
白黒、10.5×15.1 cm