田中芳男 たなか よしお(1838〜1916)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:た[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(自然科学)[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:長野県[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(自然科学)
出身地(現在) 長野県
生没年月日 天保9年8月9日〜大正5年6月22日
1838年9月27日〜1916年6月22日)

解説

博物学者。父は医師。名古屋の博物学者、蘭方医伊藤圭介に学ぶ。文久2年(1862)蕃書調所に出仕し、物産学を担当。幕末から明治にかけて、パリやウィーンなどで開催された万国博覧会に参加。また、内国勧業博覧会の開催を推進し、殖産興業政策に尽力。明治14年(1881)農商務省農務局長、翌年博物館長、16年元老院議官等を歴任。駒場農学校(東京大学農学部の前身)、大日本農会、大日本山林会、大日本水産会、大日本織物協会の創立や、東京上野の博物館、動物園の設立などにも貢献し、23年貴族院議員、大正4年(1915)男爵となった。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:田中芳男君七六展覧会記念誌
請求記号:289.1-D17t
白黒、7.8×10.7 cm