秋山定輔 あきやま さだすけ(1868〜1950)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:あ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:岡山県[次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家実業家
出身地(現在) 岡山県
生没年月日 慶応4年7月7日〜昭和25年1月19日
1868年8月24日〜1950年1月19日)
号・別称等 秋山定輔(あきやま ていすけ)

解説

明治23年(1890)、帝国大学を卒業後、会計検査院の検査官試補、26年(1893)に大石正巳・稲垣満次郎を顧問として『二六新報』を創刊したが、経営難のため休刊となり、33年(1900)再刊、大衆的新聞となる。35年(1905)に衆議院議員となったが、37年(1904)に桂太郎内閣から日露戦争の際ロシアの嫌疑をうけ辞職(露探事件)。ポーツマス講和に対し『二六新報』は政府を攻撃する硬派の先頭に立った。大正政変に際しては桂内閣を支持した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:秋山定輔は語る
請求記号:289.1-A386a
白黒、7.8×11.8 cm