花房義質 はなぶさ よしもと(1842〜1917)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:は[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:外交官[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:岡山県[前の人物次の人物]

職業・身分 外交官
出身地(現在) 岡山県
生没年月日 天保13年1月1日〜大正6年7月9日
1842年2月10日〜1917年7月9日)
号・別称等 眠雲
長嶺

解説

岡山藩士花房端連の長男。緒方洪庵に学ぶ。欧米を視察し、帰国後、明治2年(1869)外務省の創立により外務大録となり、5年外務大丞に累進。その間清国、朝鮮に差遣され、日清修好条規締結交渉や、朝鮮国との修交交渉にあたる。以後、公使として朝鮮、ロシアとの外交に従事。20年農商務次官、21年宮中顧問官、24年宮内次官、44年枢密顧問官を歴任。大正元年(1912)日本赤十字社長となる。子爵。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:明治十五年朝鮮事変と花房公使
請求記号:210.632-Ta465m
白黒、9.8×14.3 cm