末松謙澄 すえまつ けんちょう(1855〜1920)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:す[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:文学者[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福岡県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚政治家文学者
出身地(現在) 福岡県
生没年月日 安政2年8月20日〜大正9年10月5日
1855年9月30日〜1920年10月5日)
号・別称等 末松謙澄(すえまつ のりずみ)
末松青萍(すえまつ せいひょう)
笹波萍二

解説

福岡藩士末松臥雲の四男。伊藤博文の女婿。明治4(1871)年上京後、東京日日新聞に入社。11年在英公使館書記。次いでケンブリッジ大学で学ぶ。帰国後、20年内務省県治局長、25年法制局長官、29年貴族院議員。31年第3次伊藤内閣逓相、33年第4次伊藤内閣内相。日露戦争の際には再び渡英し、宣伝活動に尽力。39年枢密顧問官。翌年子爵。源氏物語の英訳、演劇改良会を組織する等文化面でも活躍した。文学博士、法学博士。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:廿一大先覚記者伝
請求記号:070.28-O775n
白黒、7.2×10.4 cm