桜井錠二 さくらい じょうじ(1858〜1939)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:さ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:石川県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(自然科学)[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(自然科学)
出身地(現在) 石川県
生没年月日 安政5年8月18日〜昭和14年1月28日
1858年9月24日〜1939年1月28日)

解説

化学者。父は金沢藩士。明治4年(1871)大学南校に入学。9年文部省派遣の留学生として英国に留学し、化学を専攻。14年帰国し、東京大学講師。15年に同大学理学部教授となる。21年理学博士。31年東京学士会院会員。大正8年(1919)に退官し、名誉教授となる。9年貴族院議員に勅撰。15年枢密顧問官、帝国学士院長。化学教育、学術振興に尽力し、理化学研究所、日本学術研究会議、日本学術振興会の設立に携わった。死去に際し、男爵を授爵。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:思出の数々 桜井錠二遺稿
請求記号:049.1-Sa571o-K
白黒、9.7×13.6 cm