山本悌二郎 やまもと ていじろう(1870〜1937)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:や[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:新潟県[前の人物]

職業・身分 政治家実業家
出身地(現在) 新潟県
生没年月日 明治3年1月10日〜昭和12年12月14日
1870年2月10日〜1937年12月14日)
号・別称等 二峰

解説

父は医師。有田八郎の実兄。独逸協会学校を経てドイツ留学、ライプチヒ大学等に学び明治27年(1894)帰国。30年(1897)日本勧業銀行に入行、33年台湾製糖を創立し、支配人、会長を経て大正14年(1925)~昭和2年(1927)まで社長を務めた。一方、明治37年(1904)3月衆議院議員初当選(以降、当選11回)、立憲政友会の重鎮として活躍。昭和2年(1927)4月~4年7月に田中義一内閣の、6年12月~7年5月には犬養内閣の農林相を歴任した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:山本悌二郎先生追悼録
請求記号:GK158-8
白黒、8.3×12.0 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:現代代表的人物写真名鑑 政治家篇 第1編
請求記号:YKA11-20
白黒、9.6×12.3 cm