辻新次 つじ しんじ(1842〜1915)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:つ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:長野県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚教育家
出身地(現在) 長野県
生没年月日 天保13年1月9日〜大正4年11月30日
1842年2月18日〜1915年11月30日)

解説

父は松本藩士。藩校崇教館で学び、江戸の蕃書調所で洋学をおさめる。明治4年(1871)文部省出仕、大学南校長、13年文部大書記官、14年普通学務局長等を経て、19年初代文部次官に就任。また、16年大日本教育会初代会長、31年帝国教育会会長を務め、学制改革の推進、及び義務教育費国庫補助の実現に尽くした。29年貴族院議員。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:信松先生錫爵録
請求記号:GK142-1
白黒、10.7×15.1 cm