武富時敏 たけとみ ときとし(1856〜1938)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:た[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:佐賀県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家
出身地(現在) 佐賀県
生没年月日 安政2年12月9日〜昭和13年12月22日
1856年1月6日〜1938年12月22日)
号・別称等 孟修
健之助
唇堂(しんどう)

解説

父は佐賀藩士。明治7年(1874)佐賀の乱に参加。15年九州改進党結成に参加、16年佐賀県会議員、18年佐賀県会議長。19年、『肥筑日報』(後『西肥日報』と改題)を創刊。23年第1回総選挙で当選。九州改進党と自由党を合併させて立憲自由党を結成。以後立憲革新党、進歩党に所属。30年農商務省商工局長、大蔵省参事官。31年、第1次大隈内閣で内閣書記官長。大正2年(1913)立憲同志会に参加。3年、第2次大隈内閣で逓相、蔵相。13年貴族院勅選議員。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:武富時敏
請求記号:GK134-13
白黒、9.7×13.6 cm