島田俊雄 しまだ としお(1877〜1947)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:し[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:島根県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家
出身地(現在) 島根県
生没年月日 明治10年6月18日〜昭和22年12月21日
1877年6月18日〜1947年12月21日)

解説

明治33年(1900)に東京帝大法科大学政治学科を卒業後、雑誌『明義』『王道』『実業時論』の発行にあたる。36年東京市教育課長、ついで清国雲南省法政学堂講師となる。45年衆議院議員(当選9回)に当選、大正2年(1913)に立憲政友会に入党。4年の総選挙に落選し、弁護士資格を取得。6年再選。以降は党の要職を歴任し、昭和3年(1928)幹事長、12年総裁代行委員、犬養内閣で法制局長官、広田内閣・米内内閣の農林相、小磯内閣の農商相を務め、雄弁で有力な政党政治家として活躍した。終戦時は衆議院議長。戦後は公職追放により政界を引退した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:島田俊雄先生 勤続表彰記念
請求記号:GK128-6
白黒、10.4×15.0 cm