望月圭介 もちづき けいすけ(1867〜1941)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:も[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:広島県[前の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家
出身地(現在) 広島県
生没年月日 慶応3年2月27日〜昭和16年1月1日
1867年4月1日〜1941年1月1日)

解説

父は回漕・造船業。攻玉社から共立学校に学び卒業。明治31年(1898)第6回総選挙で衆議院議員に当選、以後当選13回。33年立憲政友会の創立に参加。内閣時代以降、政友会幹事長をつとめ、田中義一内閣の逓相ついで内相として治安維持法の改正に関わる。昭和10年(1935)岡田内閣逓相就任後、昭和会を結成し新党樹立運動を展開したが、14年に中島派政友会に復帰。15年米内内閣の参議。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:望月圭介伝
請求記号:GK87-9
白黒、10.7×16.7 cm