水野遵 みずの じゅん(1851〜1900)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:み[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:愛知県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚
出身地(現在) 愛知県
生没年月日 嘉永3年12月3日〜明治33年6月15日
1851年1月4日〜1900年6月15日)
号・別称等 大路
水野遵(みずの たかし)

解説

父は醤油屋水野鼎斉。明治4年(1871)清国留学。6年台湾を視察し、7年台湾出兵に参加。8年長崎英語学校長、10年文部省一等属。その後参事院、法制局に勤務するかたわら、東京市会議員、小石川区会議員を務める。24年衆議院書記官、翌年衆議院書記官長。28年弁理公使、台湾総督府民政局長心得、翌年同民政局長。さらに台湾協会幹事長に就任するなど台湾経営に深く関わった。30年貴族院勅撰議員。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:大路水野遵先生
請求記号:GK85-82
白黒、8.9×13.6 cm