井上勝 いのうえ まさる(1843〜1910)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山口県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚実業家
出身地(現在) 山口県
生没年月日 天保14年8月1日〜明治43年8月2日
1843年8月25日〜1910年8月2日)
号・別称等 野村弥吉(のむら やきち)

解説

父は萩藩士。嘉永元年(1848)野村家の養子となり、野村弥吉と称す。文久3年(1863)伊藤博文らとともに密航し、ロンドン大学で鉱山・土木工学を学ぶ。明治元年(1868)帰国し、以後井上勝と称す。4年工部省鉱山寮鉱山頭兼鉄道寮鉄道頭、5年(1872)鉄道頭専任となり、京阪神間鉄道の建設に尽力。15年工部大輔、18年内閣鉄道局長官兼技監などを歴任。23年貴族院議員、内務省鉄道庁長官。24年鉄道国有論を主張して、「鉄道政略ニ関スル議」を提出し、鉄道敷設法制定の契機となった。29年汽車製造合資会社を設立し、社長に就任。鉄道院顧問となり渡欧したが、病にかかり、ロンドンで客死。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:子爵井上勝君小伝
請求記号:GK61-47
白黒、8.7×13.5 cm