伊庭貞剛 いば ていごう(1847〜1926)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:滋賀県[次の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 滋賀県
生没年月日 弘化4年1月5日〜大正15年10月23日
1847年2月19日〜1926年10月23日)
号・別称等 伊庭貞剛(いば さだたけ)
幽翁(ゆうおう)

解説

父は代官。司法官として函館裁判所副所長、大阪上等裁判所判事などを務めた後、明治12年(1879)叔父の広瀬宰平の勧めで住友に入社。大阪商業講習所創設に関与したほか、大阪紡績、大阪商船の設立に参画。23年衆議院議員。27年別子鉱業所支配人となり、別子銅山の最難工事である三角抗底の排水工事、坑内施業の方針の確立にあたる一方、煙害問題の解決のため精錬所の四阪島への移転、別子の山林への植林を行った。また、重役会議を設置して合議制を行うなど、住友の経営近代化を推進し、住友銀行をはじめ、現在の住友各社の母体となる企業を設立した。33年住友総理事に就任。37年住友家を辞して隠棲。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:幽翁
請求記号:GK57-47
白黒、8.0×11.9 cm