福沢桃介 ふくざわ ももすけ(1868〜1938)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ふ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:埼玉県[前の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家政治家
出身地(現在) 埼玉県
生没年月日 慶応4年6月25日〜昭和13年2月15日
1868年8月13日〜1938年2月15日)

解説

父は、農民岩崎紀一。福沢諭吉の娘婿。慶応義塾に学び米国留学。明治22年(1889)帰国後、北海道炭鉱鉄道入社。28年退社後、相場師として名をなし、株式投資で得た財産を元手に事業を起こす。42年松永安左衛門と共に福博電気軌道を設立し、社長に就任。以後電力事業に力を注ぎ、日本瓦斯会社、名古屋電灯等の社長に就任。45年衆議院議員。大正8年(1919)大阪送電を設立、9年には木曽電気興業と日本水力を合併して大同電力(後の関西電力)と改称し、社長となる。日本初のダム式発電所である大井発電所の建設など、木曽川水系の大規模な電源開発を手がけた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:福沢桃介翁伝
請求記号:GK54-39
白黒、10.3×14.6 cm