大川周明 おおかわ しゅうめい(1886〜1957)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:お[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山形県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:社会運動家[前の人物次の人物]

職業・身分 社会運動家
出身地(現在) 山形県
生没年月日 明治19年12月6日〜昭和32年12月24日
1886年12月6日〜1957年12月24日)

解説

明治44年(1911)東京帝大哲学科卒。大正7年(1918)南満洲鉄道東亜経済調査局嘱託。8年満川亀太郎とともに国家主義団体猶存社を組織。行地社、神武会を主宰した。昭和6年(1931)「3月事件」、「10月事件」に参画。7年の五・一五事件では、資金提供等のかどで検挙。極東国際軍事裁判ではA級戦犯として起訴されたが、精神病を理由に免訴となる。晩年、コーラン全文を翻訳する等、イスラム研究でも知られる。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:上申書・大川周明博士の思想的立場と政治的実践
請求記号:A22-76
白黒、8.6×13.5 cm