千田貞暁 せんだ さだあき(1836〜1908)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:せ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 天保7年7月29日〜明治41年4月23日
1836年9月9日〜1908年4月23日)

解説

鹿児島藩士。戊辰戦争従軍を経て、明治5年(1872)東京府の役人となり、13年4月広島県令に就任、19年7月同知事。22年12月までの在任中に、宇品築港に着手し、完成させた。以後、新潟、和歌山、愛知、京都、宮崎の知事を歴任。31年男爵、37年貴族院議員に勅選された。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:千田知事と宇品港
請求記号:795-67
白黒、10.4×14.9 cm