中上川彦次郎 なかみがわ ひこじろう(1854〜1901)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:な[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:大分県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 大分県
生没年月日 嘉永7年8月13日〜明治34年10月7日
1854年10月4日〜1901年10月7日)

解説

中津藩士・中上川才蔵の長男。福沢諭吉の甥。慶応義塾に学び、教師を経験後、明治7年(1874)イギリスに留学。帰国後は井上馨の推挙により、工部省、外務省に出仕。公信局長となるも明治14年の政変で辞職し、時事新報社、山陽鉄道の社長となる。24年井上の依頼に応え、経営状態が悪化していた三井銀行の理事に就任。三井鉱山、三井物産などの理事なども務め、経営改革を断行。工業化を推進し、芝浦製作所、鐘淵紡績、王子製紙などを傘下に収め、近代的な経営の礎を築き、三井財閥の発展に尽力した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:中上川彦次郎先生伝
請求記号:790-17
白黒、10.5×15.0 cm